自粛疲れをメイクとお散歩で吹き飛ばした話

2020年春、まさか感染症にここまで生活が左右されるとは。よろしくない意味で驚きの毎日を過ごしています。

うちの息子はこの4月から保育園に入園する予定でしたが、夫がサービス業なので万が一を考えて登園を自粛。

これまでも待機児童だったし、外出は最低限にしていたので、「今までの日々が続く感じかな〜」と気楽に思いながら1週間の自粛生活を始めました。

ところがどっこい(古い)、1週間経った感想は「つ、疲れた〜〜!!!!!」

(※私ではありません。どこぞの美人さんです)

そういえばここ半年は週3回ほど一時保育を利用していたから、その間だけは仕事の時間が確保できていたし、ここまで情報に過敏ではありませんでした。

そして息子も気づけば自己アピールができるようになってきた年齢。

毎日同じしま◯ろうのDVD(息子大好き)、常に私のスマホを横取り(息子大好き)、私のごはんを食べたがる(自分の分はすでに完食)。

仕事?おかしいな〜、今までいつしていたんだろう……??

というわけで完全に気疲れしてしまったので、今日は外に出ました!!!

久々にちゃんとメイクして、マスクもつけて、ベビーカーで息子を連れて。

今日は晴天、桜がとても綺麗に咲いていました。

(風がビュービューだったので息子の髪も舞い上がるぅ〜〜〜)

在宅しすぎて、気づけばおしゃれをする気持ちや季節を感じる気持ちを忘れていました。

ちょっと身支度を整えて近くを散歩するだけで、ここまで気分が変わるとは!

海外の外出禁止エリアで「健康のための外出はOK」だった理由がわかった気がします。

日頃からワンオペ育児を頑張っているママたち、自主的に自粛すると決めた人たち、息が詰まったらぜひメイクしてお散歩してみてください。

早くこの日々が収束して、また平穏な日常が戻ってきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です